シカカイ100g

シカカイ100g画像
商品名 シカカイ100g
インド伝統の天然全身洗浄剤。ハーブシャンプーとして使えばサラサラヘアーに。
メーカー名(株)アートビーング
価格 910 円 (税込 1,001 円)(10%)
用途全身洗浄剤
容量・サイズ100g
原料情報シカカイ(インド産)
910円(税込1,001円)(10%) 個数

例年より含有されるサポニン石けん成分とトリートメント成分が高いため、真空度が強めにパッケージされています。
開封後、軽く叩いてほぐしてからご使用ください。

インド伝統の天然全身洗浄剤、シカカイ。お手軽な100gお試しピッタリサイズ。
2015年2月製造です。
少しだけ粗めに挽いたシカカイは、煮出した後に沈殿しやすく、上澄み液をシャンプーとして利用しやすいのが特徴。

シカカイのシャンプーを作る場合、1回の使用量は小さじ1杯(2g)?4杯(8g)の間で
お好みの濃度でご使用ください。
(シカカイ100g×1袋で、「小さじ1杯使用で約50回」、「小さじ4杯使用で約12回」使うことができます。)

ちなみに、シカカイ小さじ4杯に、水200ccの水溶液のペーハー(Ph)は3.5の酸性溶液となります。

見た目はちょっとグロテスクな豆・・・本来の使い方は、一晩水に浸け、ふやかしたところを鍋でゆでて、
更にひきうすのようなもので潰し、中のエキスまで搾り出すという方法なのですが、現代人のリズムでは
なかなかそこまで手をかけられません。粉の状態のシカカイならすぐに使えるのでとても便利!

シカカイだけでも充分ですが、更に、ベストパートナーのヘナ粉を混ぜて熱湯を加えたエキスで髪を洗うと、
しっとりサラサラのとても気持ちのいい仕上がりになります。
シェーカーボトルに入れて作るとそのまま髪にかけられるのでとっても便利です。

また、ヘナペーストを作るときに混ぜると、すばらしいペーストに仕上がります。
入浴剤としてエキスをお風呂に入れたり、ボディソープとしても使え、
刺激がないのに汚れはしっかり落としてくれるスグレモノです。

シカカイ500g入りはこちら

シカカイの詳しい使い方はこちら

・ショップブログでもシカカイについてお話ししています。
 【グッズ研究】インドハーブ「「豆シャン」という名のシカカイシャンプーの由来」

★インドハーブに関するQ&Aはこちら


《使用上の注意点》・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・植物アレルギーの心配がある方や、初めてご使用になる場合はパッチテストを行ってください。
 パッチテストで異常がなくても、ご使用中、何らかの異常を感じた場合は、
 速やかに使用を中止し、よく洗い流してください。

・お肌に異常が生じていないかよく注意して使用してください。
 お肌に合わないとき即ち次のような場合には、使用を中止してください。
 そのまま使用を続けますと症状を悪化させることがありますので、
 皮膚科専門医等にご相談されることをおすすめします。

 (1)使用中、赤味、はれ、かゆみ、刺激、色抜け(白斑等)や黒ずみ等の異常があらわれた場合。
 (2)使用したお肌に直射日光があたって上記のような異常があらわれた場合。

・傷やはれもの、しっしん等、異常のある部位にはお使いにならないでください。

・目に入ったときは、直ちに洗い流してください。

・特異体質の方、腎臓病、血液疾患の既往症のある方、妊娠中や授乳中の方は
 専門医に相談してから使用して下さい。

・高温の場所、直射日光の当たる場所には保管しないでください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※かゆみが出る場合は、シカカイ液に粉が入らないようコーヒーフィルターなどで濾してからお使いいただくと、かゆみが緩和される場合があります。


図1
これが粉に挽く前の「シカカイ」の状態。ちょっと不思議な形がキモカワイイ!?
図2
そのまま煮出した「シカカイエキス」。粉のものはもっと濃い色に出ます。

図3
シカカイの粉の状態
図4
200ccの水にシカカイの粉小さじ1?4杯を入れればシカカイシャンプーの出来上がり!



関連のアイテムです
インディゴ100g(2014年産)
インディゴ100g(2014年産)
¥1,280 (税込¥1,408)(10%)
インディゴ500g(2014年産)
インディゴ500g(2014年産)
¥4,068 (税込¥4,475)(10%)
シェーカーボトル
シェーカーボトル
¥200 (税込¥220)(10%)


このアイテムのレビュー
このアイテムのレビューを書く
あまりにものお手軽さ
レビュアー:S.M.さん 2016年4月23日
シカカイシャンプーを続けてもう5年以上経ったと思いますが、あまりにものお手軽さにこれ以外考えられないです。私の場合、シェイカーにシカカイとヘナを入れ、使用直前にお風呂のお湯で溶かすという、超ズボラ作成ですが、全然問題ありません!で、こちらではこの方法ではヘナは染まらないとお書きになられてますが、どう考えても染まってます。白髪が金髪になる位のうっすらですが。まだ白髪の量が多くないので、これで充分で、染める手間まで省けて大助かりです!ドンドンずぼらになっていますが止められませんね。


Copyright(c)1998- Clean Planet Project All Rights Reserved.